睡眠の質を良くする

質の良い体の訓練

あらためて睡眠の重要性を感じています。今までだったら寝ることはあたりまえだと思っていた。だけど、布団に入っても眠れない、体は疲れて、寝たいのに眠れない・・・これほど体に害なことはないと思っている・・・そのために、しっかりとした寝る方法などを心がけておくことが重要になるかと思います。

 

睡眠にとって7〜8時間が十分な睡眠と言われています。
でも、朝はまだ眠く、目覚めがすっきりしないというのは睡眠が取れていないからという理由ばかりではなく、睡眠の質が悪いから。

 

睡眠の質の悪化は睡眠リズムを整えていないために起こることが多いために、まずは驟雨心のリズムを作ることが重要になるはず。

 

この基礎的なことを考えて行わなければいけませんね。そのためにトレーニングとしては、まず昼寝抜きで、夜は眠くなるまで起きている、ちょっとした事なんですが、けっこう効き目があったりするわけなんですね。

 

眠気が来たら一気に眠り、最初は6時間睡眠を目安に起床時間を決め時間が来たら眠くても絶対に起きること。

 

こういったことをしっかりと守り、朝食は少しでもいいから食べて抜かず、栄養バランスを考える。そして、寝る前の夕食は3時間で、その後にメラトニンを増やすドリンクを飲む。

 

当たり前のように行うのですが、こういったことが睡眠のためには効果的になるわけなんですね。